​インシュレーターの悩みと真実

インシュレーターの世界には、様々な情報が飛び交っています。それこそ、インシュレーターをめぐって、オーディオの深い深い悩みに陥り、泥沼に足をとらわれてしまう人が、後を絶ちません。そこで、ここでは、インシュレーターの本来のあり方について、解説します。

 

まず、インシュレーターの真の役割とは、なんなのか。それを、明らかにしておかなくてはなりません。それは、

振動を抑えて、機材のパフォーマンスを安定させること

 

このことに尽きます。オーディオでは、部屋で音楽をかけているときには、音を伝えるために、空気が振動し、その振動が伝わることによって、床、壁、天井、が振動し、パワーアンプ やパソコン、機材やスピーカーまでもが、それら振動の影響を受けます。つまり、音は壁を揺らし、窓を揺らし、天井を揺らし、そして床を揺らします。結局のところは音を出しているスピーカーの影響なのですが、特に床の振動によって、アンプも、ミキサーも、そして、スピーカー自身も、床から突き上げられるように振動します。このことより、機材のパフォーマンスが低下します。この振動の悪影響を遮断するというのが、インシュレーターの役割です。

他の機材、プリアンプやパソコン、ミキサー、スピーカーまで、すべて同様に、インシュレーターにより、機材の振動を抑えて、機材のパフォーマンスを安定させる。このことが、インシュレーターに求められる、最大の役割、至上命題なのです。

ただし、誤解を受けないように書いておきますが、振動を抑えるということは、単にガタつかないように機材を置けばいいという意味ではなく、機材をガタつかないように置いた上で、さらにその上、機材が受けている振動の影響、特に床の振動をいかに遮断するか、ということを問題にしています。置いた時点で初めから機材がガタついているようでは、やはりダメなのです。
 

★ 当店やプロケーブルでも扱っております、Thomann のパワーアンプ や、アレン & ヒース のミキサーなどは、元々がすごく良いものですから、インシュレーターなど使わなくても、振動の影響などものともしない、非常に優れたパフォーマンスを発揮してくれます。

 

次に、インシュレーターの素材について解説します。インシュレーターの役割、

振動を抑えて、機材のパフォーマンスを安定させること

をもう一度思い出してください。

 

この役割を果たすことのできる素材としては、今のところ、ソルボセインが最善と思われるのです。ソルボセインは、衝撃を吸収する能力に、非常に秀でており、生卵を 50cm の高さから落としても、割れないほどです。床の振動の影響の大部分を吸収するためには、このようなものでなくてはならなかったのです。これは、プロケーブル社が、長年にわたって培ってきた、オーディオのノウハウをもとに、選りすぐった素材です。

 

ソルボセインは、機材の底面に貼り付けることにより、機材が受ける振動、特に床の振動を極限まで遮断し、機材の振動を抑えて、パソコンやアンプなどの機材のパフォーマンスを安定させます。その効果は、プロケーブルファンの皆様の間では、よく知られていることと思いますが、大まかに言うと、音の解像度が上がります。

 

というよりも、このような形で、本当に優れたインシュレーターを発見できなければ、プロケーブルの方でも、そもそも、インシュレーターなぞ、販売しません。あってもなくても大差ないものを販売しても、お客様がオーディオの泥沼にはまるだけだからです。

 

これが、金属のインシュレーターだと、非常にまずいです。少なくとも、音の解像度を上げる効果はありません。なぜならば、致命的なことに、金属には、衝撃を吸収する能力がないからです。大抵の場合、衝撃を吸収せずに、跳ね返すような形になります。少なくとも、生卵を 50cm の高さから金属の上に落とすと、割れてしまう可能性は大きいでしょう。これは、金属が、衝撃をそのまま、生卵に返し、生卵が衝撃を受けてしまうからです。これでは、オーディオの機材が受ける振動を、吸収することはできません。

 

つまり、金属のインシュレーターをアンプの下に置くと、そのインシュレーターごと、アンプが床の振動の影響を受けてしまいます。その結果、アンプのパフォーマンスが、低下します。しかし、金属のインシュレーターの影響によって、アンプのパフォーマンスは低下したままで、音自体は変わります。スピーカーについても同様です。もっと正確に言いましょうか。音が変わったような気がするだけです。実際には、金属製であれ、木製であれ、プラスチック製であれ、その辺の石ころであれ、硬い素材のインシュレーターなど、どれもどんぐりの背比べで、音など大して良くはなりません。しかし、ものすごく神経質に、まるで神経症患者のように考える者にとって、オーディオは、硬いインシュレーター一つで、音が変わってしまうのです。

 

そこで、どのようなインシュレーターが、一番良い音変化を起こすのか、と、様々なインシュレーターを買いあさり、機材のパフォーマンスが低下したままで、あれでもない、これでもない、と、オーディオの悩みに陥るという、泥沼にはまります。金属だけではなく、硬い素材でできたインシュレーターは、衝撃を吸収する能力などありませんから、事情は皆同じようなものです。そう、金属であれ、木製であれ、柘植の木であれ、全くの無意味だったのです。

 

これが、インシュレーターの悩みを深くしていた、カラクリです。

 

そのようなわけで、インシュレーターとして、現時点で最善のものが、ソルボセインです。既にプロケーブルでお買い求めになったお客様も、ソルボセイン によって、かなり良好な結果を得られています。プロケーブルサイトには、ソルボセイン の商品コーナーの、お客様の声がありますので、そこに一つ、リンクを貼り付けておきます。どのようなことが起こっているのか、お客様の声をご参考ください:

http://procable.jp/products/mini_sorbo.html

 

なお、3点支持だから、4点支持だから、5点支持だからと言って、音が良くなる論理的な根拠など何もありません。そんなことに、神経質にならないでください。普通の四角いアンプにソルボセインを貼り付けるならば、底面の 4隅に 1個ずつ、合計4個貼り付ければ、それでいいです。3点支持などを標榜して、皆さんの神経をささくれ立たせているオーディオショップは、よほど実力がないか、または、単に宗教じみているオーナーであるというだけです。

 

追記:もちろん、底面が 3角形のアンプだったら、3点支持でも良いと思います。但し、それは 3角形の場合だけです。

​--------

さて、当店でこの情報を公開したのち、オーディオの世界で、早速、 3点支持を擁護する者を発見しましたが、そのような者の言うことは、信頼されないでください。具体的には、『空間内では、任意に与えられた 3点を通る平面がいつも定まる。必ず定まる。無条件で定まる。これは、数学・幾何学の基本だ!』という主張を繰り返し繰り返し、行っていた者がおりました。3点支持を正当化する目的です。いや、それとも、頭が狂っているのでしょうか。しかし、この主張は数学的には間違っています。間違いである数学的根拠については、こちらのページ に書いてあります。

 

またこれとは別に、『3点支持だと機材の重心が移動しないと主張していた者もおりました。しかし機材が振動している場合は、それは一般には正しくありません。特に、『振動している物体を 3点で支持すれば、物体は振動していても重心だけは必ず移動しない』という主張には、数学的・力学的には何も根拠がないのですが、オーディオの世界に限っては、このような数学的・力学的に間違った主張が、根深く浸透してしまっています。のことがどのようなことなのかを、こちらのページ では、数式をなるべく使わないで可能な範囲で、なるべく厳密さを犠牲にせず、誤解を招かぬような解説を試みております。数式をなるべく使わずになるべく厳密に、と心がけたため、また、私自身が数学の専門家であり、力学のことであっても数学的概念に則った説明しかできないため、言葉が難しくなってしまいましたが、この点はご容赦ください。

--------

話を元に戻すと、オーディオでは、『重心の安定』については、機材をガタつかないように設置できれば、それで十分です。その上で、機材を床の振動から守る、という問題に対処するべきです。

 

なお、振動が絶えず起こっている状況で、その振動を抑制するという目的だと、例えば、

 

四角いアンプの 3点支持は、最も脆弱なものとなります。

重心だけが安定すればいいと言うものではありません。3点支持がまずい理由を一言でいうと、

4点支持に比べて 3点支持は、振動を吸収しきれない範囲が増えるから

 

です。逆に言えば、

3点支持よりも 4点支持の方が、もっとアンプの振動を抑えられる

 

ということです。このことは、3点支持よりも 4点支持の方が、インシュレーター 1個あたりの負担が軽くなることが原因です。更に、インシュレーターがアンプに接している部分は比較的振動を吸収できているのですが、そこから遠く離れた部分は振動が大きくなり、その結果、機材の性能を損ねます。従って、

なるべく広い範囲で振動を吸収してやろう

 

ということで、3点よりも 4点の方が良いということになるのです。たとえアンプの重心が『安定』していても、そういうことになります。ただし、インシュレーターとしては、振動の吸収を目的として、

 

ソルボセインを使用することを前提にしています。

 

具体的には、例えば、四角いアンプの底面前方の辺の左右の端 2箇所にソルボセインを2個貼り付け、アンプの底面の後方の辺の中央に ソルボセインを 1個貼り付けたとします。すると、床の振動の影響で、アンプの底面では、4箇所での支持の時に比べると、後方の辺の左右の隅の部分を中心に、振動が比較的大きくなるはずです。これは、アンプを真上から見たときに、支持する 3点を頂点に持つ三角形に対し、アンプ底面の後方の辺の左右の隅の部分が、相対的に大きく外側に張り出しており、そこには何も支えがないことが最も大きな原因です。そして、上下の振動が相対的には最も大きいでしょう。その結果、アンプ本来の性能が損なわれます。尚、四角いアンプの 3点支持で起こるこの現象は、ソルボセイン製のインシュレーターに限ったことではありません。

 

繰り返し書きますが、ソルボセイン の場合だと、一般に、4隅に 4点に比べて 3点の方は、どのように置いても

振動を吸収しきれない範囲が大きくなります

​ソルボセイン 1個あたりの負担が大きくなります

 

こういう意味では、

 

四角いアンプにソルボセインだと、3点よりも 4点の方がいいです。

理由は、先にも書いた通り、

振動を吸収できる範囲が、より広がるから

​ソルボセイン 1個あたりの負担が軽くなるから

 

です。更に、アンプの底面の真ん中にもう1個か 2個、ソルボセインを貼り付けると、もっといいと思います。それは、ソルボセイン 1個あたりの負担が更に減り、振動を吸収しきれない範囲が狭くなるからです。(ソルボセインは正確には面での支持ですから、3面支持とか 4面支持とか言うべきかもしれません。また、ある程度の弾力がありますから、平らな台の上に置く分には、支持する箇所がある程度多くてもガタつきません。)

 

これが 3角形のアンプの場合だと、3つの角にソルボセイン を 1個ずつ貼り付ければ、底面の角を中心に振動が大きくなるということはないと予想されます。それでも、3角形の面の真ん中あたりは比較的大きく振動しますから、真ん中にも、もう 1個くらい貼り付けた方が、振動は小さくなるでしょう。

又、アンプではないですが、プロケーブルさんのお客様で、超越重鉄タップの 10個口の底面の 4隅に 4つ、真ん中に 2つ、合計 6個、ソルボセインを貼り付け、最も良い効果が出たと言う方もいらっしゃいます。ちなみに、超越重鉄タップの底面は 4角形です。インシュレーターが 3点支持ならば最も良いと言うのは、ソルボセインに関しては、正しくありません。

 

実際に、ソルボセインそのものに振動(衝撃)を吸収する力がありますから、機材がガタつかない範囲で『支持』する箇所が多いほど、振動の吸収効率が上がるのは自然なことです。音的には、先に書いたように、

聴感上は解像度が上がります。

 

ただし、我々の考えでは、単に重心を安定させるだけでは、このことは実現できないのです。(こういうことは、本来は理屈ではなく、実際に音を聞いて確認すれば済むことです。もっとも、音の焦点を合わせないと、何が良くて何が悪いのかもわかりませんが。なお、スピーカーのインシュレーターについては、振動については若干、考え方が違います。)

 

なお、硬い素材のインシュレーター限定だと、4点だの 5点だのは一般にガタつきますから、必ずしもいいとは限りません。この場合は、置くだけでガタつかない、重心が安定すると言う意味では 3点支持の方がいいと言う方もたくさんいらっしゃいますし、硬い素材に関してはその通りです。それこそが、力学的な意味では、硬い素材のインシュレーター、特にスパイク型による 3点支持が、一般には根強く支持されている理由です。私自身、硬い素材のインシュレーターをどうしても使えと言われれば、スパイク型で 3点支持をしていたでしょう。

 

しかし、硬い素材のインシュレーターについては、私どもでは、そもそも、最初から勧めておりません。理由はすでに書いた通りで、

 

音に対しては顕著な効果は認められないから

 

です。『重心が安定』するだけではダメなのです。上記のような意味で、3点支持というのは、オーディオではよく誤解を招くことなのです。

--------------------------------------------------

以下は、お客様からの声となります。

​--------------------------------------------------

​1番さんのコメント: ソルボセイン は、自作スピーカーの素材としても良かった!

富山の○○です。

 

先日はipod用モガミ2549の件でお世話になりました。

今回、ソルボセインの良さについて体験を報告させて

頂きます。

 

ソルボセインの有効性について 

 

モガミ:カナレの混合ケーブルの5:1の発表後、自身の4:1で作成したケーブルを5:1に再度作成し直しました。 

結果的に以前より重心が下がった(本来の再生はこうあるべきと思われる)印象になり

低域と中域のバランスがかなり以前より良くなった印象を受けました。

 

と同時に自身のSP(自作 長岡SP F95ガウディ)の低域の音の不明確さが目立ちました。 

こう感じるのはやはりプロケーブルさんの大阪店試聴室を体験し低域と中域のバランス、

ならびにそれが結果的に作り出す音像を体験していなければその様には感じる事はなかったと思います。 

 

その後、ウーハーにソルボセインをインシュレーターとして使用した際に床に音が吸われ

音がまともに出ていなかった状態が劇的に改善した事を思い出し

それならば内部のパーツにも使用してみようと思いました。 

 

私のウーハーの内部にハイカット用のコイルがウーハーユニットに対し直列に接続されており

パーツに関しての一般的な話ですが直列に接続されたパーツには当然の事ながら

ユニットに流れる電流とほぼ同じ量の電流が流れます。 

しかもコイルはその性質上、電流が流れる事だけで内部で振動してしまう性質があるそうなので、

それに加え音を出している最中のユニット内部には外に出る音と全く同等の音が

内部へも出ていますので当然の事ですが内部のパーツにもさらに振動を与えてしまう事になります。 

 

そこで私の場合はソルボセインの上に直にコイルを置き

基盤の代わりに使用している木の板の下にもソルボセインを敷きました。

コイルと板はソルボセインを挟んでインシュロックで固定)

 

これで以前の状態からみれば振動に対して強い状態になったと言えます。 

 

試聴結果ですが低域の量的には1.1倍~1.2倍、

解像度的には同じく1.1倍~1.2倍合わせると1.2倍~1.4倍になる事になります。

 

(これでもかなり控えめな表現にしたつもりです)

 

これに関してはウーハーの下にソルボセインを敷いた状態からの比較ですので

当初はそれほど期待していませんでしたが、驚くほどの変化でした

何もしていない場合からの比較では比較できないほど全くの別物になりました。 

 

当然の事ながら音の焦点を再度調整する事になりましたがこの結果、

再生される音は素晴らしく私の場合IPODを使用しておりますが、

恐ろしくフラットで濃密なそれでいて消え入る際の繊細な音も表現してくれる

素晴らしいとしか表現できない音になりました。

 

プロケーブル様のサイトに記載されている通りCDの情報の内IPODで90パーセント程度以上は

出力されておりその時点で人間の耳ではほぼ飽和状態になる。

今回の経験はまさにその通りでありその表現通りの体験が現在進行形で出来ています。 

もちろんプロケーブルさんの推奨品を使用し、なおかつ混合ケーブルを使用しての感想ですので

ソルボセインだけを使用してこうなる訳ではないと思いますが

ソルボセインは比較的安価でありそれほどの効果は期待されない方も多いかもしれませんが

スピーカーに使用した場合では本人が思う劇的な変化、さらにそれ以上に改善されます。

 

 直列に接続されたコンデンサ、並列に接続されたコンデンサにも使用しましたが

コイルほどでは無いにしろ改善は感じられました。 

 

より多くの方(特に自作SPの方は)にソルボセインを使用して

製品の本来もっている性能をフルに発揮して頂きたいと思いメールさせて頂きました。 

長々とした文面になってしまい申し訳ありません今後ともよろしくお願い致します。 

--------

店長注:)プロ級の、F1 並みの生音を出す、という、プロケーブルさんの提唱した、

真のオーディオとは、方向性が異なるコメントではありますが、

こちらのお客様が証言されている通り、ソルボセインは、

自作のスピーカーの方にとっても、優秀な素材となってくれます。

​私どもでは、スピーカーの自作を、決して、勧めているわけではありませんが、

オーディオは、金銭の無限消費地獄にさえ陥らなければ、健全な趣味として、

楽しまれる方がいらっしゃってもいいと思います。

健全な趣味を、より健全に。ソルボセイン の役割が、一つ増えたと思います。

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • B-Pinterest