プロケーブル製、超絶アイソレーショントランスの正体

オーディオを行う際には、重要な要素がいくつかありますが、その中で、最も重要な項目の一つに、『電源』があります。つまり、電源がいかにノイズを避けているか。この点が、最重要項目の一つなのです。

 

電源がノイズで汚れていると、それは、音を濁します。その電源のノイズを、極限までに除去する装置、それが、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)なのです。

 

ところが、アイソレーショントランスと言えども、世の中には、ピンからキリまであり、そのピンが、まさしく、ギタリスト電源を始めとする、もの凄い性能の、プロケーブル製アイソレーショントランスなのです。現時点において、世界最高の性能を誇るアイソレーショントランス、それこそが、プロケーブル製アイソレーショントランスなのです。

 

以下では、わかりやすさのために、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)に絞って述べますが、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)よりも上位のモデルのプロケーブル製アイソレーショントランスについても、全て、事情は同様です。

 

つまり、世界に数ある電源トランスの中でも、音のことを、ここまで徹底的に考えて作られた、妥協なきトランスは、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)をおいて、外には存在しないのです。特に、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)につきましては、100V 環境でもお使いになれますので、単相 200V を引けない方には、非常にオススメの品物です。

 

それに引きかえ、他の会社のトランスはどうでしょうか。他の会社のトランスは、アイソレーションであろうがなかろうが、どうにも我慢がならないことに、音のことがおなざりになっております上に、中には、ボッタクリとしか思えないような、高額すぎるトランスまで、跳梁跋扈しているという、実に散々たる有様です。

 

つまり、本当に真剣に音のことを考え、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)をはじめとする、異常なまでの、ぶっちぎりの、高品質な音楽用電源トランスを設計できる、それだけの高度な技術のある会社は、まさしく、プロケーブル社をおいて、地球上には存在しないのです。

 

私自身も、自宅が 100V 環境 + アース付きですので、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)を使っております。ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)を初めて導入したときの、私のセットの激変ぶりは、

『音の曇りが取れた』

 

そこに尽きます。実際には、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)を導入する以前までは、音がどういう風に曇っていたのかは、私も、まるっきり、わからなかったのです。しかし、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)を使って初めて、今まで聞いていた音が、いかにノイズの影響を受けて、濁り、曇っていたのか、私は、そのことを、深く、理解したものです。

 

私自身のシステムも、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)を導入することにより、音は曇りが晴れ、非常に濃密になり、至高の生音と化したのです。

 

実は、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)には、『音』の他にも良い効果が現れます。私はギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)には、MacBook Pro も繋いでおりますが、動作が非常にスムーズになり、安定します。CD の読み込みも速くなります。

 

これは、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)によって、電源のノイズが削減され、電源が異常なほどにクリアーになりますと、PC でのデータのやり取り時に、エラー訂正の必要な回数が少なくなり、一発で、データを正確に送受信できるようになるからなのです。

ここで、プロケーブル性アイソレーショントランス が、電源のノイズを極限まで除去することで、家電品にどのような効果が起こっているのかを、詳しく説明しておきます。

パソコンや CD/DVD プレイヤーなどには、ものすごくたくさんの半導体が組み込まれています。パソコンの場合だと、何億個にものぼる、膨大な数の半導体となるでしょう。ここで、通常の 100V 環境には、電源にノイズが乗っていることは、既にお話ししました。

この電源のノイズが、半導体の動作を、誤作動させたり、鈍くさせたりします。より詳しく言うと、音の再生の場合には、たとえ音源がパソコンであっても、ほとんどエラー訂正ができないため、一般には音は薄くなります。 この点は、ディスクからディスクへ、データをコピーする場合とは、全く事情が異なります。

(それでは、なぜ iPod の方は音が良いかと言うと、その大きな原因として、iPod がバッテリー電源である事が関与していると思います。 つまり、現行の iPod や Mac Book Pro は、そのほとんどがバッテリー電源であり、アナログ特有の音質劣化もありません。そのため、iPod や MacBook Pro は、今や、アナログレコードを逆転してしまっており、アナログレコードよりも、遥かに音が濃いであろうと思われます。)

このような事情があったので、パソコンや CD/DVD プレイヤーを通常 100V 環境のもとで、音源としてお使いになると、音が薄い状態で再生され、それがそのまま、スピーカーまで伝わって、出ていきます。その場合にお使いになるスピーカーケーブルも、多くの場合、メッキより線でないと、音が合いません。音を引き締める必要があるからです。

ただし、パソコンの場合は、デジタルの専門機器ですので、たとえそれがウィンドウズマシンであっても、CD/DVD プレイヤーよりも音が濃いものが多いです。通常 100V 環境の下であっても、必ずしも、メッキより線とは限りません。

一方で、アップルの iPod や Mac Book Pro などは、通常 100V でご利用の場合であっても、それらがバッテリー電源であることから、音が非常に濃く、スピーカーケーブルは、AE 線でないと音が合わないケースが多いです。仮に AE 線で音の焦点が合うウィンドウズマシンであっても、ほとんどのケース、iPod などのアップルの製品の方が、音ははるかに濃く、上質です。このことは、それだけ、アップルの製品は、音楽再生機器として優秀であることを証明しています。

しかし、アップルの製品が使いづらいとか、価格面で Mac Book Pro まで手が届かない、とかの事情をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで、プロケーブル製アイソレーショントランス をお使いになると、電源のノイズが極限までに除去され、電源がクリアーになり、たとえ、それがウィンドウズのパソコンであっても、音源の再生機器としてのパフォーマンスが劇的に向上し、iPod にも匹敵するような、音の濃さになってしまうのです。

そう、プロケーブル製アイソレーショントランスをお使いになることによる、

ウィンドウズマシンの iPod 化!

これこそが、プロケーブル製アイソレーショントランス によって得られる、最も絶大な効果だったのです。

ただし、CD プレイヤーや、DVD プレイヤーの場合ですと、必ずしも効果が現れるとは限りません。それは、CD / DVD プレイヤーは、元々がエラー訂正の全く働いていない製品であり、周波数特性上のフラットさがいい加減である、などの事情があるからです。もちろん、CD / DVD プレイヤーであっても、元から性質の良いものに限って、アイソレーション電源によって改善されることはされます。しかし、実際には、アイソレーション電源に繋いだ CD / DVD プレイヤーよりも、iPod の方が音が良いです。 (もちろん、一台 200万円もするような CD プレイヤーのようなものについては、音的には全く保証できません。極めていい加減だからです。)

ここまでくると、プロケーブル製アイソレーショントランス が、なぜ、パソコンの動作を劇的に改善するのか、お分かりになると思います。つまり、無数の半導体の動作によって支えられてるパソコンは、電源のノイズの悪影響を、ダイレクトに受け、動作を悪くします。その、諸悪の根源たる電源のノイズを、プロケーブル製アイソレーショントランス によって、極限まで除去してしまえば、それら無数の半導体の動作が劇的に改善され、パソコンの本来のパフォーマンスが、極限までに引き出されるのです。

なお、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)や、その上位モデルのミュージシャンズ電源(これもやはり、プロケーブル製アイソレーショントランスです。)は 100V 環境でお使いになるものですが、200V 用のダウン & アイソレーショントランスをお使いになられた時の音は、単相 200V + アイソレーションの相乗効果がございますので、電源のノイズ削減効果は、更に上となるでしょう。(ただし、それは 200V 用なので、単相 200V をオーディオルームまで、1回線、引く必要があります。)

ただし、これは重要なことですが、ギタリスト電源(プロケーブル製アイソレーショントランス)を導入すると、音が非常に濃くなり、音の焦点が、かなりシャープな方向へ振られます。音の焦点は、ベルデンや WE などのメッキより線のみでは、もはや合わせられず、AE 線もしくは、クロスオーバーを導入するほか、ありません。音の焦点について、詳しくは、当店、オーディオの悩み・苦悩を解決するショップの プロ用スピーカーケーブルコーナー の AE 線の商品説明の項目、もしくは本家・プロケーブルサイトの鬼門コーナーをご覧ください。

​以下は、お客様の声となります。

​1番さんのコメント:ギタリスト電源一発で、ご自宅の環境がライブに近づいた!

お世話になっております。

サイトにも掲載いただきました、埼玉の◯◯です。

 

プロケーブル樣の推奨するシステムで整ったので

一段落したところで御礼のご連絡になります。

 

紆余曲折ありましたが、以下のシステムで一旦落ち着きました。

 

<電源系>

壁コン:WN1512K

→アイソレーション電源600W・100V

 →115V:S-75mk2(WATTGATE)&WM8741(WATTGATE)

 →100V:A&H・xone:43(WATTGATE)&iMac(Mid2011)(非メッキ3端子ケーブル)

 

<信号系>

iMac(Mid2011、OS:10.13.4)

→謎の光ケーブル&WM8741

→モガミ2534(4m)→xone:43(カナレ1mをSND→RTNで接続)

→ベルデン88770(2m)→S-75mk2

→VVF(1.6mm2芯、左右各10m、スピコン接続)

→ZLX-12

おかげさまで、ライブで聴く音楽に近づきました。

先日もあるJ-POP系アーティストのライブに行ったのですが、「ああ、家と同じ音!!」と感激しました。

 

実は、スピーカーケーブルはベルデンやWEを御社より購入していましたが、

アイソレーション電源を導入した所で、我慢できずにVVFを試してみました。

本当は、御社のAE線が取り回しも楽そうでしたが、

我慢できなかったので近所のホームセンターでVVF(1.6mm)を購入しました。

音の焦点の基本に則り、少し太めの線を購入。ポンづけ10mで試聴。

感動しました!!!!

ライブ音源に近い!!!!!

焦点が本当にあってるかは分かりませんが、自分の好きな音になりました。

低音もしっかり出て、全体にもはっきりした感じです。

女性の高音ボーカルもさらに安心して聴けます!

音楽を聴けるようになったので、安心して気持ちよく寝てしまいました^^;

 

しばらくはこれで好きな音楽を楽しみたいと思います。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

----------

店長注:)この方のコメントは、ギタリスト電源を一発入れられて、ご自宅でも、生ライブそうろうの音楽が楽しめるようになった、という、驚愕のコメントです。この方のセッティングも、音の焦点などの基本、プロケーブルサイトで紹介された、様々な基本に、忠実なのでしょう。素直で正直な心根の方こそが、真実に最も近い位置にいらっしゃるのです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2番さんのコメント: ギタリスト電源は、必須アイテムです!

オーディオの悩み・苦悩を解決するショップ 様

 

いつもお世話になっております。

ギタリスト電源,無事に到着しました。

早速,接続して聴いています。

 

これまでは,あるサイトを見て,チョークコイルとフィルムコンデンサでローパスフィルタを

自作して電源を取っていました。自作のローパスフィルタであっても,

あるかないかでは音が全く異なることから,機器の本来の能力が発揮されるかどうかは,

電源に左右されることを体感していました。

 

このローパスフィルタは6年ほど愛用してきましたが,プロケーブルさんを知ってからは,

電源トランスの,特にギタリスト電源のページを繰り返し繰り返し読んでいました。

今回,どうしても欲しくなり,ボーナスを前倒しして購入しました。

 

接続して,お気に入りの曲を次々と聴いていくと,

低音から高音まで,音の芯がしっかりと安定し,

輪郭もより鮮明になっていることが分かります。

月並みな表現ですが,声や楽器をより生々しく感じます。

 

また,これまで,音にきつさやトゲを感じていたような曲でも,それらを感じません。

音全体として,柔らかさを感じます。

これは,ギタリスト電源のアイソレーショントランスの効果で,これまで以上に,

ノイズの影響がなくなり,認識しづらかった音を聞き取れるようになったからではないかと

推察されます。

 

当然だとは思いますが,自作のローパスフィルターのレベルを遙かに凌駕しています。

 

ギタリスト電源は,

機器が本来持っている能力を引き出すための必須アイテム

だと思います。

予算のこともありましたが,早く購入しておけばよかったです。

 

今回も迅速で丁寧な発送,ありがとうございました。

○○ ○

--------

​店長注:)この方のおっしゃる通りで、ギタリスト電源を含む、プロケーブルアイソレーショントランス は、機材の持つ潜在能力を、極限にまで引き出してくれます。

----------------------------------------------------------------------------------

2番さん再登場!:メロディーや歌詞をより楽しめるようになりました。

いつもお世話になっております。

コメントは、本メールも含めまして、お使いいただいて差し支えございません。

 

ギタリスト電源が家に来てから、平日は寝るまでの間、

休日はたっぷりと音楽を楽しんでいます。

今までは、曲を聴いてると、良くも悪くも、まず音を気にしていましたが、ギタリスト電源を接続してからは、メロディーや歌詞をより楽しめるようになりました。

少し前に、DAYTON AUDIOのB452を購入しましたが、こんなによくなるなら、

ギリギリ大丈夫な大きさのEVのZX1-90Bをがんばって購入しておけばよかったと思っています。

しばらくは、しっかりとB452を楽しみたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

○○

-------

店長注:)ギタリスト電源の導入にて、音楽を素直に楽しめるようになります。

特に、この方の場合は、スピーカーが DAYTON AUDIOのB452 ですので、

​音に神経質にならずに済むこともあるでしょう。

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • B-Pinterest