ベルデン 88770 商品説明

 

「完璧」を実現した、唯一の 3芯アナログケーブル、それが、このプロ用アナログケーブル、ベルデン 88770 です。

 

このベルデン 88770 は、あの完璧なベルデン 88760 の 3芯バージョンで、XLR プラグでの接続に特化したものです。この関係は、ベルデン 8412 とベルデン 8423 との関係と同じです。

 

音的には、XLR 接続の場合には、ベルデン 88770 は ベルデン 88760 を若干ですが、上回ります。特に、アースが来ている場合については、実際に聞いてわかるくらいには、上回ります。但し、基本的な特性、つまり「完璧」であることについては、ベルデン 88760と同じと言っていいでしょう。

 

ご家庭でオーディオにお使いになる場合は、その特性から言って、ベルデン 88760 とほぼ同じ使い方です。ベルデン 88770 の使いどころは、ミキサーとパワー・アンプの接続や、クロスオーバー周りです。それ以外には、完璧なフラットを実現した、文字通り最高水準のマイクケーブルとしてのご利用です。

 

注意として、機材側の XLR が金であったら、そこに接続するケーブル側の XLR には、銀をお選びください。機材側の XLR が銀であれば、そこに接続するケーブル側の XLR は、金となります。オスメスの組み合わせは、関係ありません。この、もっぱら、この金--銀の組み合わせで、フラットが、問題なく実現できます。

 

クロスオーバーをご利用の方ですと、このプラグワークを間違えますと、例えば、[機材側 金] ― [ケーブル側 金]などにしてしまうと、音が激しく崩れますので、ご注意ください。

 

私自身は、このベルデン 88770 をミキサーとパワー・アンプの接続に使っております。非常に精緻なフラットの出る XLR ケーブルです。ベルデン 88760 の XLR 接続も完璧ですが、ベルデン 88770 の方が、より純粋かつ高度な完璧です。

 

もちろん、このことは、XLR 接続のみに限定しないと成り立ちません。つまり、RCA やミニステレオプラグ、TRS フォンなどにも適応できるベルデン 88760 に比べ、 3芯、XLR 接続に特化したベルデン 88770 の方に軍配があがるのは、ある意味当然です。

 

第一、ベルデン 88770 と ベルデン 88760 の比較は、文字通り「完璧」な領域での比較です。XLR 以外の RCA 接続などの場合ですと、ベルデン 88760 を上回る完璧なアナログケーブルは、もはや地球上には存在しません。

 

ベルデン 88770 の驚くべきフラット、完璧さは、ベルデン 88760 と同じですので、詳しくは、ベルデン 88760 の商品説明ページ をご覧ください。

BELDEN ベルデン 88770

¥4,000価格
前側プラグを選択
後側プラグを選択
長さを選択
  • プラグは、XLR のみとなります。

    ベルデン 88770 は、ベルデン 88760 の 3芯バージョンとなります。

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • B-Pinterest