エフェクター用ACアダプター 100mA 商品説明

 

エレキギター、およびベースのエフェクターボード用の、非メッキ、しかもアイソレーショントランス入り、AC アダプターです。

 

100mAもののサイズは、6.3cm(長さ)× 5.1cm(幅)× 4.1cm(高さ)になります。

 

こちらはポケットに入るほどコンパクトではありませんが、それでも荷物量を減らせるほどには、十分に小さいものとなります。電源ケーブル長は1.8mとなります。

 

注意事項:この AC アダプターをお使いになられる際には、消費電力にご注意ください。100mA で 9V のアダプターですので、0.9Wまではお使いになれます。それ以上のワット数ですと、容量オーバーとなります。この AC アダプターにはブレーカーがついておりませんので、非常に危険となりますので、おやめください。

 

非メッキ AC アダプターの使いどころは、主に練習用となります。レコーディングやコンサートなどの本番は、エレキギターのエフェクター(特に、デジタル系を除くディストーション系のエフェクター)は、 AC アダプターではなく、電池をお使いください。その方が音が良いです。デジタル系のディストーション系エフェクターボード、つまり、ディレイ、リバーブ、フランジャーなどの組み合わされたものにつきましては、電池の消耗が激しく、本番中に電池切れを起こす可能性もございますので、この AC アダプターをお使いください。どちらにしましても、練習時と本番時に、音のクォリティがあまりにも違いすぎると、非常にやりにくいことと思います。練習時と本番時のギターの音がほぼ同じであれば、リハーサルから本番へと、スムーズに移行できると思います。

 

一番まずいことは、練習時にエフェクターに入っていた電池がそのままで、本番でも使用してしまうことです。電池切れを起こす可能性が大きいです。そのため、練習時には AC アダプターをお使いになられて、この種の危険を回避されてください。

 

それでは、エレキギター、およびベースの音を最高のものにまで押し上げる AC アダプター、それは何かといえば、接続部分(コンセント、およびプラグ類)が全て非メッキ、かつ、アイソレーショントランス内蔵方式のものになります。

 

まずい AC アダプター:これは簡単で、まずメッキのもの。トランス内蔵ではなく、スイッチングレギュレーター回路になっているもの。通常は、このタイプしか販売されておりません。

 

したがって、非メッキ+アイソレーショントランス入りという最高峰の条件を実現するために、この AC アダプターは、スター電気さんに特注しております。

 

★使用可能なエフェクターのメーカー

 

 

使用可能なエフェクターは主に下記などがあります。

 

(DCプラグが合い、9Vセンターマイナスのエフェクターであれば使用できます。)

 

・BOSS

・HAO

・IBANEZ 

・MARSHALL

・MAXON

・MXR

・BEHRINGER

・Jim Dunlop

 

★ 50mAモデルと100mAモデルとの違い、及び、使い分け

 

以下は、電気的に非常に重要な項目となりますので、プロケーブルサイトからの直接の引用です。エフェクターの容量の違いは、実際のご利用の際の使い分けを念頭に置いたものです。是非、ご参考にされてください:

 

通常のエフェクター、特にディストーション系、又はオーバードライブ系のエフェクターにつきましては、消費電力は、10mA程度となります。10mA程度 のエフェクターに、100mAのACアダプターを接続しますと、容量が大き過ぎて、9ボルト用のACアダプターから、14ボルトなどの高過ぎる電圧が出て しまい、エフェクターを痛める事があります。そのような事情で、50mAのACアダプターのほうは、9ボルト用のエフェクターに適合するようにしたものです (50mAに接続すると、ちょうど9ボルトほどが出てきます)。

 

この50mAのACアダプターで、ディストーション系のエフェクターであれば、3台か4台 ほどは使えます。が、分岐させる必要があるとしたら、その部分でメッキ物が混じってしまいますので、その種の弊害につきましては、慎重に対処される事を、 お願い致します。可能ならば、当店でも出しております、非メッキ分岐ケーブルをお使いになられれば良いでしょう。

 

また、100mAのほうは、ディストーション系ではなく、デジタル系のエフェクター用となります。デジタル系のエフェクターとなりますと、消費電力が一つで30mAであったり、40mAであったりしますので、足りない事もあろうかと、100mAのものをご用意させていただきました。しかしながら、 100mAのACアダプターで、そのままディストーション系のエフェクターにも使えるよう、100mAのほうには、安定化回路が付いております。一台だけ、ディストーション系のエフェクターをお使いになった場合でも、9ボルトを維持するようになっております。

 

安定化回路なしで、9ボルトに近い電圧を供給したほうが良いのか、それとも、非メッキでありさえすれば、安定化回路が入っていても、100mAで、9ボルトきっかりの電圧を供給した ほうが良いのか、このあたりの音質の違いは、ゆくゆく、皆さんの声で分かってくると思いますので、楽しみにお待ち下さい。

 

なお、デジタル系のエフェクターの場合には、100mAの非メッキACアダプターのほうがいいでしょう。

エフェクター用ACアダプター 100mA

¥3,200価格
    • b-facebook
    • Twitter Round
    • B-Pinterest