エフェクター分岐用ケーブル(オール非メッキ)商品説明

 

ギターやベースのエフェクター用の分岐ケーブルの最終回答です。

 

それは実にシンプルなもので、差込プラグの部分を、オスメスともに、すべて、真鍮製の非メッキにしたものです。

 

一般に、オーディオの方の場合も含めて、電源周りの差込プラグや差込口は、基本的に、真鍮製の非メッキでないと、音がおかしくなります。特に、電源タップの電源プラグは、非メッキでないと、音は死にます。

 

ここで、基本的に、というのは、場合によってですが、パワー・アンプの電源プラグについては、メッキにした方が音が合う場合が、時々あるのです。私自身も、通常 100V 環境のもとで、ミニコンポのパワー・アンプですが、これを経験したことがあります。

 

そういう事情ですから、エフェクター用分岐ケーブルにつきましては、オール非メッキの、当店のものをお選びください。これにて、最高峰の、エレキギター、およびベースの音が奏でられる様になります。

 

★当店の非メッキACアダプターとエフェクター用分岐ケーブルにて、使用可能なエフェクターのメーカー

 

使用可能なエフェクターは主に下記などがあります。

 

(DCプラグが合い、9Vセンターマイナスのエフェクターであれば使用できます。)

 

・BOSS

・HAO

・IBANEZ 

・MARSHALL

・MAXON

・MXR

・BEHRINGER

・Jim Dunlop

 

 

楽聖の皆様には、このエフェクター用分岐ケーブルをご使用になられて、最高に魅惑的なギターの音色を、奏でてください。

エフェクター用分岐ケーブル(オール非メッキ)

¥1,900価格
    • b-facebook
    • Twitter Round
    • B-Pinterest