Neumann ノイマン 延長ケーブル

Neumann ノイマン

延長ケーブル

+

Neumann ノイマン

延長ケーブル

満を持して、ついに登場です。ノイマン延長ケーブルです。これは、ベルデン 8412 やバイタル VAM-265 との組み合わせによってお使いいだだきます。なぜ、このような商品を出すかと言うと、アメリカやヨーロッパの音源には、ノイマンの色が入っているからです。もちろん、8412 やバイタル単独でも、おそるべき生音が実現できる、と言う事実は、プロケーブルによって、広く知らしめられた事実です。しかし、このノイマンを混ぜることにより、より完璧なフラット、より完璧な生音が実現できます。

 

しかし、その、ノイマンの比率については、注意が必要です。詳しくは、ノイマン延長ケーブルの商品説明をご覧いただくとして、わかりやすく要点をいうと、

 

音源ごとに 8412(またはバイタル)とノイマンの比率は変わる

 

ということが重要です。つまり、日本の音源でいう、モガミ : カナレ = 4 : 1 というような場合の、単純な公式では済まされない、ノイマンの孕む、深い真実が、そこに隠されていたのです。

 

しかし、このことを悲観する必要はないのかもしれません。我々は、8412 やバイタルにノイマンを混ぜて音楽を聴く、ということを、非常に贅沢な遊び、と、捉えることができます。これはもう、往年のジャズファンや、クラシックファンのお客様にしか、お手持ちの音源に対する、8412(またはバイタル)に対する、ノイマンの適正比率は、わからないであろうと、我々も考えたからです。ある CD では ノイマン : 8412 が 4 : 6 であっても、別の CD では 3 : 7 かもしれないし、また別の CD では 2 : 8 かもしれない。特に、アナログレコードですと、ノイマンの比率は上がる可能性が大です。

 

このノイマン延長ケーブルにて、是非、アメリカ・ヨーロッパの音源の謎、深みに迫ってください!

ノイマン延長ケーブル について、詳しく知りたい方、および、今すぐご購入されたい方は、こちらのページ 又は左側の写真をクリックしてください。

ベルデン 8412 / 片側 RCA 銀 / ノイマン混合専用

ベルデン 8412

​片側 RCA銀

​ノイマン混合専用

+

ベルデン 8412

片側 RCA銀

​ノイマン混合専用

今回お出ししますのは、ベルデン 8412 RCA オス銀 --- RCA オス金、つまり、RCA の片側銀プラグのバージョンです。プロケーブルや当店でケーブル類、ミキサー、パワーアンプ、スピーカーなどの機材をお買い上げの方にとっては、 この片側銀のベルデン 8412 の用途は、ただ一つしかありません。つまり、ノイマン延長ケーブルにつないで、音源とミキサー(Xone 43、Xone 92 など)を接続するためだけのものとなります。

 

※ プロケーブルサイトや当店で扱っているミキサーに、このベルデン 8412 の RCA 銀プラグを直接接続しても、音がおかしくなるだけですので、ご注意ください。

 

ベルデン 8412 に、ノイマンを混ぜることにより、アメリカの音源の、より生々しい、音楽再生を実現されてください。

 

 

接続する方法は、音源が Poppulse WM 8741 の RCA 接続の場合は、

 

WM 8741 + RCA オス金 --- ノイマン延長ケーブル --- RCA メス金 + RCA オス銀 --- ベルデン 8412 --- RCA メス金 + ミキサー

 

 

となります。ここに、記号「+」で、プラグを差し込んで接続することを表現しております。

 

音源側が DA 11 の XLR オス金でしたら、

 

DA 11 + XLR メス銀 --- ノイマン延長ケーブル --- RCA メス金 + RCA オス銀 --- ベルデン 8412 --- RCA メス金 --- ミキサー

 

となります。

 

パワーアンプへの直結も考えられます。

 

音源が Poppulse WM 8741 の RCA 接続、パワーアンプが Thomann S-75 mk.2 の場合は、

 

WM 8741 + RCA オス金 --- ノイマン延長ケーブル --- RCA メス金 + RCA オス銀 --- ベルデン 8412 --- XLR オス銀 + S-75

 

となります。音源が DA 11 の場合は、ノイマン延長ケーブルの前側プラグは XLR メス銀となります。(音源に近いほうが前側、スピーカーに近いほうが後側です。)

 

なお、片側銀のベルデン 8412 は、民生用の機材に単独で接続して、相殺関係による偶然の「フラット」を実現できる可能性はあります。

 

但し、プロケーブルサイトでも、当店、オーディオの悩み・苦悩を解決するショップでも、パワーアンプやミキサーは、プロ用の、個別にフラットを実現した、ハイレベルのものしか扱っていないため、民生用の機材に、片側銀のベルデン 8412 単独で音が合うかどうかは、責任が持てません。片側銀のベルデン 8412 を民生用の機材にお使いになられる場合は、お客様の自己責任にて、お願いいたします。

ベルデン 8412 片側銀ケーブルにつきまして、詳しく知りたい方、および、今すぐご購入されたい方は、こちらのページ 又は左側の写真をクリックしてください。

バイタル VAM-265 / 片側 RCA 銀 / ノイマン混合専用

バイタル VAM-265 

片側 RCA銀

​ノイマン混合専用

+

バイタル VAM-265

片側 RCA銀

ノイマン混合専用

バイタル RCA --- RCA 片側銀

 

今回お出ししますのは、バイタル RCA オス銀 --- RCA オス金、つまり、RCA の片側銀プラグのバージョンです。プロケーブルや当店でケーブル類、ミキサー、パワーアンプ、スピーカーなどの機材をお買い上げの方にとっては、 この片側銀のバイタル の用途は、ただ一つしかありません。つまり、ノイマン延長ケーブルにつないで、音源とミキサー(Xone 43、Xone 92 など)を接続するためだけのものとなります。

 

※ プロケーブルサイトや当店で扱っているミキサーに、このバイタル の RCA 銀プラグを直接接続しても、音がおかしくなるだけですので、ご注意ください。

 

バイタル に、ノイマンを混ぜることにより、イギリスなどの音源の、より生々しい、音楽再生を実現されてください。

 

 

接続する方法は、音源が Poppulse WM 8741 の RCA 接続の場合は、

 

WM 8741 + RCA オス金 --- ノイマン延長ケーブル --- RCA メス金 + RCA オス銀 --- バイタル --- RCA メス金 + ミキサー

 

 

となります。ここに、記号「+」で、プラグを差し込んで接続することを表現しております。

 

音源側が DA 11 の XLR オス金でしたら、

 

DA 11 + XLR メス銀 --- ノイマン延長ケーブル --- RCA メス金 + RCA オス銀 --- バイタル --- RCA メス金 --- ミキサー

 

となります。

 

パワーアンプへの直結も考えられます。

 

音源が Poppulse WM 8741 の RCA 接続、パワーアンプが Thomann S-75 mk.2 の場合は、

 

WM 8741 + RCA オス金 --- ノイマン延長ケーブル --- RCA メス金 + RCA オス銀 --- バイタル --- XLR オス銀 + S-75

 

となります。音源が DA 11 の場合は、ノイマン延長ケーブルの前側プラグは XLR メス銀となります。(音源に近いほうが前側、スピーカーに近いほうが後側です。)

 

 

なお、片側銀のバイタル は、民生用の機材に単独で接続して、相殺関係による偶然の「フラット」を実現できる可能性はあります。

 

但し、プロケーブルサイトでも、当店、オーディオの悩み・苦悩を解決するショップでも、パワーアンプやミキサーなどの機材は、プロ用の、個別にフラットを実現した、ハイレベルのものしか扱っていないため、民生用の機材に、片側銀のバイタル 単独で音が合うかどうかは、責任が持てません。片側銀のバイタル を民生用の機材にお使いになられる場合は、お客様の自己責任にて、お願いいたします。

ベルデン 8412 片側銀ケーブルにつきまして、詳しく知りたい方、および、今すぐご購入されたい方は、こちらのページ 又は左側の写真をクリックしてください。

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • B-Pinterest