モガミ 2524 ギターケーブル(ギターシールド)商品説明

 

我らが日本の音、モガミ社のギターケーブル(ギターシールド)モガミ 2524 です。

 

音は、8412のフラットな音をツーランクくらい、シャープにしたような音です。これはどういう用途でお使いになられるかというと、ステージ上の状況や、電源状況が良くない場合などで、ベルデン 8412 を使っても、モヤモヤした音しか出てこない場合などに、このモガミ 2524 が最適なギターケーブル(ギターシールド)となりうるのです。

 

★モガミ 2524 は、ベルデン 8412 に比べ、ツーランクぐらいシャープな音と申し上げました。しかし、それは、決して、「ハイ上がり」ということを意味するものではありません。むしろ、周波数特性そのものは、モガミ 2524 は、ベルデン 8412 に迫るくらいのフラットな精度を持っております。モガミ 2524 は、ベルデン 8412 に比べ、単に、音の焦点がシャープに決まるのだ、ということです。

 

むしろ、ベルデン 8412 と並んで、モガミ 2524 を使い分けることによって、最高の音楽を演出できるのです。

 

つまり、ベルデン 8412 などは、基本的に、環境の良い場所でお使いになられて初めて、最高のパフォーマンスを発揮します。しかし、いかにベルデン8412といえども、ステージ上に100ボルトしか来ておらず、電源環境が悪い、音響環境も悪い、などと悪条件が重なりますと、ギターの音が前に出てこない、という、モヤモヤとした音になります。

 

このような状況では、このモガミ 2524 が、絶大な威力を発揮してくれます。モガミ 2524 は、ベルデン8412より、ツーランクくらい、音がシャープになります。音がくっきりとした形を作りますので、ギターの音が前に出て来てくれます。この事は、電源環境が良くない事が多い、コンサートの時などに、最強の味方になってくれるでしょう。

 

最後に、プラグにつきましては、ノイトリックのフォンプラグを標準でおつけします。音的には、ノイトリックこそが、最高、というよりも、何も問題のない、標準的な音です。

 

しかし、楽器、特にギターの演奏ということになりますと、もう少し、プラグは守備範囲が広くなります。つまり、プラグの個性が、そのまま、音の個性にもなりうるのです。

 

音楽の再生ということになりますと、特に周波数特性においては、徹底したフラットを実現しなくてはなりませんが、ギターケーブル(ギターシールド)においては、必ずしも、そうでなくては良いのです。

 

再生専用のオーディオと違って、ギターケーブル(ギターシールド)には、様々な音色があって良いのです。それこそが、音の個性になりえますし、音楽によって、楽曲の音楽性とギターの音色のマッチングの問題も解決できるでしょう。

 

そこで私たちは、名ギタリストたちの一部にも好まれていた、スイッチクラフトのフォンプラグも、ギターケーブル(ギターシールド)専用として、お出しすることにいたしました。

 

楽聖の皆様に、モガミ 2524。ただいま、お届けします。

 

---------------------------------------------------------

ここからは、お客様の声となります。

---------------------------------------------------------

 

1 番さんのコメント: 金+銀 = フラットの公式は本物であった!

 

ケーブル届きました、ありがとうございます。

特にBELDEN8412の色分けは、新しく導入する機材を接続する為にどうしても必要でしたので、大変助かりました。

 

さて今回は同時購入しましたギターシールドのmogami 2524について報告をします。

今までギターシールドはBELDEN 8412や8410に9395と試して来て、mogamiに落ち着いてます。音色は勿論、ケーブルのしなやかさも気に入ったポイントです。

ギターからエフェクターを経由して、現在は去年の夏頃に導入したQuad  Cortexという機材に繋いでいます。アウトプットからはBELDEN 8412でミキサーに繋いでますが、とても良いです。

 

Quad Cortexは(電源がアダプタという事以外は)入出力端子がノイトリックですし、かなり優れた機械ですが、なかなか音作りに悩まされる事もあり、前段に繋ぐエフェクターや評判のバッファなどを色々試して来ました。が、どれも「これだ!」という感じにならずに、決め手に欠けていました。

 

しかし、やっと、ようやく答えが解りました。それはやはり、金メッキには銀メッキの、あの「プラグの公式」だったんです。

プロケーブルさんからオーディオやギターなどのケーブルを購入するようになってからもう7年位になりましょうか。当然公式に沿ってケーブルを購入して来ました。

ギター関係の機材は、これはもう殆どと言っていい程接続端子は銀メッキなので、当然金メッキプラグのギターシールドを揃えて来ました。が、これこそが盲点でした。

私は今までの先入観から、Quad Cortexの入力端子も銀メッキだと思い込み、金メッキプラグのギターシールドを繋いでました。XLR出力は金メッキだから銀メッキのケーブルを繋いでいるくせにです。

最初に良く観察すべきでした。この入力端子はマイクケーブルも接続出来る、XLR入力とフォーン入力を兼ねた、金メッキの端子だったのです。これに気付いたのが、実にmogami 2524の金-銀プラグを注文する1日前でした‥‥。

自分自身にとてもショックを受けて落ち込みましたが、気付けて良かったです。気付かなければ、駄目なパターンの機材の沼に嵌る所でした。

 

解ってしまえば答えは簡単という事で、今回の注文に至った訳です。

届いて早速繋ぎ変えた所、とても自然な音が出て来ました。今まで感じていたストレスが晴れた瞬間でした。あまりの違いに、もう一度金-金に戻してみましたが、これはもうハッキリと気持ち悪い駄目な音でした。

わかっていた事とは言え、ノイトリックと言えど金と金同士だとこれほど音が歪むとは。プラグの公式、本当に恐るべしですね。改めて感謝でございます。

 

ありがとうございました。やっとスタートラインに立てた気がします。また宜しくお願いします。

 

-------------

店長注:)プロケーブルが発見したプラグワークの真実、金 + 銀 = フラットの公式。音楽作成側からすると、ここまで重要なものでした。ここをご覧になった皆様も、是非、ご参考ください。

MOGAMI モガミ 2524 ギターケーブル(ギターシールド)

¥2,100価格
  • 当店では、デフォルトでは、1.5m 〜 10m までを扱っておりますが、それ以外の長さをご希望の方は、メールにてお申し付けください。

     

    オーディオの悩み・苦悩を解決するショップ

    otono.fukuin@gmail.com