6.5 cm 角 ソルボセイン  4枚セット(粘着テープなし・黒色)商品説明

 

とうとう、登場しました! 6.5cm 角のソルボセイン 、粘着テープなしです。色は、黒のみとなります。

 

今までは、小さいソルボセイン は、3cm 角しかありませんでした。3cm 角ですと、4隅に4個置いて、10kg 程度の重さを乗せるのが限界でした。10kg を越えると、ソルボセイン が潰れて、効果を失ってしまっていたのです。

 

しかし、ここで、6.5cm 角になりますと、20~25kg、場合によっては、30kg 程度のものにまで、耐えられるでしょう。ここまでの重さに耐えられるソルボセイン ですと、とたんに、使い道が広がります。

 

アンプやミキサーなど、重めのオーディオ機器のインシュレーターとして、お使いください。

 

★ 12.5 cm ソルボセインを 4つ切りにしても良いのですが、厚みが1cmもありますので、垂直に切るのが難しいという方も、いらっしゃると思います。切り口が歪んでしまいます。綺麗な切り口の、6.5cm 角をお求めの方は、こちらの方をお求めください。

 

※ このソルボセインの両面についているラップを剥がすのは、床の素材に応じて、慎重にされてください。何年も床にソルボセインが直に接していると、癒着する可能性があるからです。通常のツルツルした床ではなく、コンクリートでしたら、ラップを剥がさなくても滑らないでしょう。滑りやすい場所に設置する場合には、ラップを剥がした方がいいかもしれません。

 

一般に、インシュレーターの役割は、機材の振動を抑制することにより、出てくる音をよりクリアーにすることにあります。ソルボセインは馴染むのに 2~3日かかりますが、馴染んでから、それが良い方向への音の変化であることを、お分りいただけると思います。

 

スピーカーの下側にお使いになる場合、スピーカーはそもそも振動によって音を出すものですから、激変、というべき変化が訪れます。具体的には、低域を中心に、音がよりクリアーになります。解像度が上がるといっても良いでしょう。

 

この現象は、ソルボセインなしの状態では、スピーカーから放射される低域が、床に伝わり、音が床の振動に変わっていたということを証明しております。その床とスピーカーの間を、このソルボセインで遮断すると、スピーカーの本来の低域が、ダイレクトに、音楽をお聴きの皆様のところまで、届くというわけです。

 

私などは、パワー・アンプやミキサーに、3cm 角の方ですが、ソルボセインを使っております。安価に手に入るインシュレーターですが、その性能は折り紙つきです。

 

なお、Thomann S-75 mk.2 やアレン& ヒースのミキサーなどにお使いになられる場合、元々、これらの機材はレベルが高いですから、あまり顕著な効果は現れません。それでも効果は現れますが、スピーカーほどではありません。

 

スピーカー以外の音響機材につきましては、一般に、レベルの低い機材ほど、このソルボセインの使用により、音質の改善効果が大きくなります。レベルの高い機材には、あまり顕著な影響はないです。ただ、Mac Book Pro などにソルボセインをご使用されたお客様の声で、著しく性能が向上したというご報告もございますから、パソコンもまた、スピーカー同様、別扱いにするべきなのかもしれません。

 

このソルボセインは、一種の測定器です。機材にこのソルボセインをご利用になられて、音質の改善効果があったとします。すると、他のどのようなインシュレーターをご利用になられても、このソルボセインを基準にしますと、これ以上の改善はほとんど望めないとお考えください。いわば、インシュレーターによる音質の改善がどこまで見込めるか、このソルボセインにて、安価にご確認いただけます。そのことにより、インシュレーターごときに、一個につき何万円ものご出費をされることが、無くなります。

 

健全なオーディオは、健全な価格の品物から。最高のインシュレーター、ソルボセイン。ここに、お届けします。

6.5センチ角 ソルボセイン 4枚セット(粘着テープなし・黒色)

¥2,800価格
    • b-facebook
    • Twitter Round
    • B-Pinterest