モガミ 2534、片側 RCA 銀、単独販売。

 

今までに、カナレ延長ケーブルの 25cm をお買い上げの方のために、モガミ 2534 混合ケーブル専用も、1.25m を販売開始いたしました!

 

※ こちらの販売コーナーは、モガミ 2534 の片側 RCA 銀、単独販売となります。

 

モガミ 2534 と カナレ 4E6S の混合ケーブルで、モガミ とカナレ の接合部分が、片側 RCA メス金 + 片側 RCA オス銀 、つまり、金 + 銀 = フラット! の公式通りにした方が、よりフラットが出ることがわかりました!

 

モガミとカナレの混合の事情については、既にカナレ延長ケーブルのコーナーでも述べたように、以下の通りになります:

 

オーディオの悩み・苦悩を解決するショップにおいて、初公開された、日本の音楽につきまとう、音のバランスの問題。つまり、ご家庭のオーディオでの、日本の音楽の再生時には、モガミ 2534 と カナレ 4E6S の音が、

 

[モガミ 2534] : [カナレ 4E6S] = 5 : 1

 

の比で混ざっている、という事実。詳しい記述は、こちらのページにありますが、モガミ 2534 とカナレ 4E6S を、この 5:1 の比で混ぜてセットした時、日本の音源とのマッチングがベストとなり、恐ろしいほどの生音と化すのです。

 

※ もちろん、そこに至るまでは、モガミ 2534 だけでも恐ろしいほどの生音が出ている必要があります。いわば、モガミ 2534 にカナレ 4E6S を混ぜるのは、本来は、その恐ろしさの度合いを上げるためなのです。

 

しかし、モガミ 2534 とカナレ 4E6S の混合状態をどうやって作り出すかについては、これまでは、ミキサーとパワーアンプ をカナレ 4E6S につなぎ替えたり、プロケーブル製アイソレーション電源を導入し、ミキサーとパワーアンプ の間がベルデン 88770(または 88760)以外では音が合わなくなった場合などは、ミキサー側で、センドとリターンの複雑なセッティングをしなくてはならなかったりと、面倒なことが多く、敬遠されていた方も多かったと思います。

 

また、ミキサーのセンドとリターンでのセッティングですと、左側チャンネル、右側チャンネルで、ミキサー側のプラグの影響もあるので、左右合わせて、オスメス 8個分のプラグの影響が出てしまい、その影響を打ち消すために、セッティングが非常にシビアになりすぎてしまう、という問題もありました。

 

そこで、今回、当店、オーディオの悩み・苦悩を解決するショップでの独占販売となります。カナレ延長ケーブルです。これは、RCA メス ― RCA オスのみの販売、長さは 30cm、60cm  の 3種類出します。対応するモガミ 2534 の長さを一覧にしておきます。

 

モガミ2534 : カナレ 4E6S

      1.5m   :   30cm

      2.5m   :   50cm

        3m    :   60cm

 

これにて、モガミ2534 とカナレ 4E6S のお手軽なセッティングが可能となりました。プラグの影響も、左右合わせて、オスメス 4個分となりますので、セッティング上の厳しさは、より、ハードルが低くなります。

 

又、最初に述べたように、モガミの側を片側 RCA 銀とすることにより、よりフラットが出るようになりました。

 

ただし、近年の日本の音楽は、プロケーブルの登場により、プロ用アナログケーブル の優秀性が、プロの間にも広く伝わってしまったため、様々な種類のアナログケーブル にて、録音が行われている状態です。モガミ 2534 + カナレ 4E6S ではない、別の種類のアナログケーブル 、例えば、ベルデン 8412 ですとか、バイタルですとか、そう言ったもので音が合うケースもあることと思います。最終的には、国籍別ケーブルの選択は、みなさんが、実際に音を聞いた上で、判断していただく必要がありますことを、ご理解ください。

 

 

--------------------------------------------------------

ここから先は、お客様の声となります

--------------------------------------------------------

 

 

1番さん登場!! :subject:あまりにも見事でした

オーディオの悩み解決ショップ    様

いつもお世話になっております。
先日モガミ片側銀を購入しました、○○と申します。

プロケーブル様のサイトのどこかに、

「当店の言葉は一字一句まで信用していただいて構いません」

といった注があったと、記憶しております。

まさに、まさにその通りでした。出音がそれを証明しております。

ケーブル購入時の商品説明書メールにある、フラットについての一字一句。
中間に銀RCAプラグが入る事についての、一字一句。

見事に音楽が鳴りだしました。少々の違いではありませんでした。

あまりにも見事で、愕然としました。
金プラグと銀プラグとで、こんなにも違いが生じるとは。

大変貴重な体験をさせていただきました!
ありがとうございます!

--------

店長注:この方は、モガミ 2534 + カナレ 4E6S の混合ケーブルを、

モガミとカナレの接合部分を 金 + 金、金 + 銀の両方で試していただいております。

​おっしゃる通りで、少々の違いではないのです。

モガミ 2534(RCA 片側銀)カナレとの混合専用

¥3,000価格
プラグの組み合わせを選択
長さを選択
色を選択
  • 接続は、カナレ 4E6S を音源側、モガミ 2534 をミキサー側にしてください。

     

    音源 → カナレ前側プラグ → カナレ 4E6S ケーブル → カナレ後側プラグ(RCA メス金)→ モガミ前側プラグ(RCA オス銀)→ モガミ 2534 ケーブル → モガミ後ろ側プラグ → ミキサー

     

    の順です。

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • B-Pinterest