neumann 商品説明

 

ドイツの音の標準、プロ用アナログケーブル、ノイマンです。

 

今や、オーディオには多額のお金を支払うべき時代ではなく、誰でも、安価に、しかも良い音で音楽を楽しむことのできる時代がやって来ました。

 

このプロ用アナログケーブル、ノイマンは、ドイツでの録音に、古くから、使われてきました。しかし、私が色々な音楽を聴いてみたところ、アメリカの音源や、アジアの音源などにも、一部ですが、ノイマンが使われていた形跡があります。

 

このことは実は、昔から、世界中でノイマンのマイクが使われており、マイクケーブルとして、録音にはノイマンの音が混じっているからです。従って、どの国の音楽にも、本来はノイマンの音の形跡があるのです。

 

さて、ドイツの音源については、このノイマンにて、CD プレイヤーとプリアンプを接続してやれば、恐ろしくも生々しい、フラット再生が可能となります。

 

私自身、著名なピアニスト、ダニエル・バレンボイムによる、ベルリンでの録音のショパンのノクターンを、ノイマンで聞いたことがあります。すごく、しっとりした、美しい音楽。これも、この録音に、ノイマンがぴったりと合っていたからこそ、心が動かされたのです。

 

なぜこのようなことが起こるのかというと、ドイツでのマスタリングの時には、レコーディング時の音声を、このノイマンにてアンプに伝達して、完璧なフラットになるように、最終的な音のバランスを調整していたからです。

 

従って、ご家庭でも同じことをすれば良いわけです。CD プレイヤー(音源)の音声をノイマンでアンプに伝達してやれば、音のバランスが完璧に合うのは、当然と言えるでしょう。

 

注)「マスタリング」とは、音楽制作者が、CD として、最終的に市場に出す「音」を決定する、重要な作業です。

 

ここで重要なことは、ドイツでのマスタリング時には、『ノイマンの癖』を足した状態で、『完璧なフラット』になるように、CD の音が調節されてしまっている、という事実です。

 

逆に言えば、CD の音は、ノイマンの癖の分だけ、『足りない』わけです。だからこそ、ご家庭での CD 再生時にも、ノイマンの癖を足してやらないと、『完璧なフラット』にはならない、ということです。

 

もちろん、このことは、極めて高い水準での微妙な違いを問題にしているだけですので、ノイマンでアメリカや日本の音楽を聞かれてもいいと思います。ノイマンも、ベルデン 8412 と同じくらいの、極めてフラットに近い特性を持っていますので、どのジャンルの音楽でも、あまり大きな問題を感じさせずに再生してくれることでしょう。

 

アナログケーブルそのものとしてのノイマンとベルデン 8412 の違いは、理想的なフラットから、わずかながらですが、どの方向にずれているか。その方向性の違いに過ぎないのです。

 

ただし、もちろんのこと、ノイマンがベストフィットする音源につきましては、先に申し上げたように、途端に恐ろしくも生々しい再生が可能となります。アナログケーブルにおけるほんのわずかな違いが、音における大きな違いを生み出すのです。それは、8412 がベストフィットする音源と同じことなのです。

 

なお、プラグには、ノイマンの優れた特性を損なわずに済む、スイスのノイトリックを使用しています。スイスのノイトリックこそが、ノイマンを、完成の領域にまで高めてくれる、唯一、最高のプラグです。

 

注意事項ですが、「音楽のフラット再生」という用途のケーブルにつきましては、プラグの種類やハンダの種類を選択することによるカスタマイズという類のことには、当店は対応しておりません。それは、優れたアナログケーブルの本来の性能を、却って損なってしまうからです。(ギターケーブルにつきましては、また事情は異なります。)

 

プラグにつきましては、RCA であれ XLR であれ、どの形状のものにつきましても、最高のものがそれぞれ一種類ずつあれば、必要にして十分であるというものが、当店の考えです。  

 

ドイツのロックやクラシックに、ベストフィットするアナログケーブル、ノイマン。その他多くの音源にも、おそらく相性がいいと思います。至高の感動を皆さんにお届けします。

 

 

--------------------------------------------------

ここからは、お客様の声となります。

--------------------------------------------------

 

1番さんのコメント: 国籍別ケーブルに、ノイマンを混ぜた方からのご報告です!

 

プロケーブル社にてノイマン、モガミ、カナレを直接購入いたしましたが、

非常に良好な結果が得られました。

 

レコードプレーヤー〜フォノイコ間にノイマンを入れた段階で世界が変わりました。

今まで結線していた88760でも充分以上の音質でしたが、

これをノイマンに変えると一気に音場が広がります。

圧倒的に広大な演奏空間、実在感のある生々しい歌声が現れました。

リバーブが付加されたのではないかと感じるような倍音感も実に素晴らしいです。

フォノイコはデコーダ的な役割である事からクセのない88760で結線すべきだと考えておりましたが、実際には『ノイマンで固定』で良さそうな気がしております。

ノイマンのカッティングマシンを用いてRIAAカーブでエンコードすると考えれば、

やはりここにノイマンを入れるのが正解なのかもしれませんね。

 

オフコースやASKA、太田裕美、福山雅治のLPを聴きましたが、フォノイコ〜ミキサー間は

88760、モガミ、カナレのいずれかでバッチリ合いました。

バッチリ合った時は、『きっとこれ以上はないだろう』と感じますね。

 

◯◯◯◯

 

---

店長注:)この方は、アナログプレーヤー からフォノイコライザーの間にノイマンをご利用され、フォノイコライザーからミキサーの間を、国籍別ケーブルでつないでいます。結局は国籍別ケーブルが 2種類混じっているというケースですが、バッチリ合った時の音の生々しさは、格別なものです。

 

------------------------------------------------------------

 

2番さんのコメント:Belden 88760 とノイマンを比べられた方からのコメントです!

 

お世話になっております。埼玉の◯◯です。

商品無事に届き、早速使用しております。

 

光ケーブルはある種賭けのつもりで購入し、緊張しながら接続しましたが特段問題なく、データをDACまで運んでくれています。一安心です。(本当は1506Aを導入するつもりだったのですが、自作PCのマザーボードにコアキシャル端子がなく…)

 

ケーブルも非常に良いです。そして、Neumannケーブルのおかげで
88760の凄まじさをもう疑いようがないくらいに叩きつけられました。
Neumannケーブルは(私の環境下では)低域~中域が大変よく鳴りますし、見えます。特にドラムのバスドラ、タム周りがありありと聞こえてくるものですから、お気に入りの曲を聴いた際に思わず、「なんじゃこりゃ…」とつぶやいてしまいました。ベースも深く、余韻までちゃんと聞こえてきます。YouTubeの演奏動画レベルでも、ピアノの動作音…(打鍵音ではなく、キーが沈み込んでハンマーが動く音と言ったらよいでしょうか)ドドドド…という音まで聞かせてくれました。これはもう疑いようがないくらいにいいケーブルです。高音も痛くなく、少し丸く鳴らしてくれるので聞き疲れしません。フラットであることにも間違いはないでしょう。そして冒頭でも書いた通り、このケーブルのおかげで88760の凄まじさを理解してしまったのです。

88760の解像度、表現力、フラットさ、対応国のレンジの広さ…。
『完璧なケーブル』であることに間違いありません。どこがよく見えるというわけでなく、全部が見えますし、見えてしまいます。そして、見える・聞こえるにもかかわらず、拡張されたように全く聞こえません。それゆえにシャープで音量調整が難しいですが、最近は慣れてきたので動画や楽曲毎に調整しています(焦点合わせの替わりなのかなぁなどと思っています)。また、解像度がとてつもないため、その場にいるような錯覚を覚えるアルバムや楽曲すらあります。なんだか言葉がまとまりませんが、88760は化け物です。これ以上のケーブルは民生品には勿論ないでしょうし、国別ケーブル合わせのことを考えなければ、本当にこれ一本でも十分ではないかとさえ思います。
しかしまぁ、トラッドなものから、凶悪なデスコアまですべて「その通り」の音で鳴らすとは…。悪魔が作ってるんじゃないかとさえ考えてしまいます。

しかし、Neumannケーブルがわずかに88760に勝っている部分もあります。

それは、今流行りのASMR動画や配信にはNeumannケーブルが合う!ということです。最近の配信者や同人サークルは恐ろしいことにそこそこな規模でも平然とNeumann社製KU-100を導入します。(私ASMRがASMRと呼ばれる前からこういった動画を聴きあさるマニアなのですが、流石にちょっと引いてます…)向こう側が録音機器やインターフェイスにどこのケーブルを使用しているかはわかりませんが、こちら側がメーカーを合わせたおかげか非常に良く聞かせてくれています。具体的には、88760より音がマイルドになります。ただ、差は本当にわずかです。

 

今回も感想がうまくまとまらないのですが、本当に感動いたしました。また、よろしくお願いいたします。

 

-------

店長注:)88760 は超絶フラットなため、音源の癖までも忠実に再生してしまいます。ノイマンによってその癖を相殺することにより、ここまで生々しい音に変わります。そのための国籍別アナログケーブルなのです。

 

--------------------------------

2番さん再登場!!

 

一件追加でご報告いたします。
私が愛するメタルバンドの一つに、エルヴェイティ (Eluveitie)というスイスのフォークメタルバンドがいます。
彼らがチェコにて毎年行われている(今は誠に悲しいことに病流行のため延期となっています…)Master of Rockで演奏した模様を収めた“live At Master of Rock
 2019”というアルバムに、Neumannケーブルが非常に良く合います。フラットさと解像度そのままに、live特有の広範囲の音の広がりが出てきました。88760では合わせられなかった部分がNeumannケーブルにて合わさったのだと思います。もしよろしければ、一度聴いていただければ幸いです。(勘違いだったらごめんなさい…!)

ちなみに、88760はアメリカがメインシーンである、デスコアやメタルコアに非常に良く合います。機関銃がごとき音の総攻撃を見事さばき切り、各層がはっきりと鮮明に、しかし分離しすぎず『音』ではなく『音楽』として成立させます。さすが米国製です。米国(ケーブル)+米国(音楽)=フラットは当たり前ではありますが、自分の耳で聞くと本当にその通りだと実感できます。

 

-------

店長注:)最近のアメリカの音源は、マスタリングの方で、88770 を使っているものもあります。昔は 8412 または 8423 でした。時代と共に、より完璧なケーブルを使うようになったのでしょう。

ノイマン neumann ケーブル

¥2,900価格
  • 当店では、基本的に、50cm から 5.0m までの長さをご選択いただけますが、もっと長いケーブルをご入用の方は、当店までお申し付け下さい。

     

    オーディオの悩み・苦悩を解決するショップ

    otono.fukuin@gmail.com