​モガミとカナレの音の混合について

モガミで恐ろしいほどの生音が出ている方への発展編

このコーナーでは、プロケーブルサイトで、長年にわたって、あえて公開されてきていなかった、重要な事実を、プロケーブルの依頼により、当店、オーディオの悩み・苦悩を解決するショップが公開します。

 

ではなぜ、公開されてきていなかったのかを、まずお断りしなくてはなりません。つまり、プロケーブルサイトでは、なるべくシンプルな方法で、生音を出す、最高の音にアプローチする、というのが基本的なスタンスでした。そのため、お客様を過度に神経質にさせる 可・能・性 のあることについては、なるべく触れずに、あえて公開してこなかったわけです。

 

つまり、プロケーブル依頼のもと、以下に述べることは、それ以上の、追求心の強い方、真実を求める方向けの、非常なマニアックな内容となってしまいます。ご興味のある方は、是非、心して、お読みください。

 

それはズバリ、日本の音楽につきまとう、音のバランスの問題です。日本の音楽は、モガミ 2534 またはカナレ 4E6S で音が合うことは、プロケーブルサイトが広めたことです。あまり細かいことを気にされない方は、モガミ 2534 またはカナレ 4E6S のどちらかで音を合わされても、もちろん、構わないことではあります。

 

しかしながら、モガミ 2534 の方は、事情が複雑です。というのは、モガミ 2534 のみならず、カナレの音も入っているからです。このことは、レコーディング時に、ミキサーに分配されるケーブルが、全てカナレであり、残りは全てモガミ 2534 であったことが、原因です。

それでは、モガミ 2534 に、どうやって、カナレの音を混ぜるか。ここが重要です。そのためには、どうしても、パワー・アンプだけではなく、ミキサーが必要です。通常 100V 環境のお客様の場合(アース付きの場合も含む)は、簡単です。これは、電源に ダウン&アイソレーショントランス や ミュージシャンズ電源など、プロケーブル製アイソレーショントランスをご利用でない場合です。まり、音源からミキサーまでを モガミ 2534 で接続し、ミキサーからパワー・アンプを カナレ 4E6S で接続してください。モガミ 2534 とカナレ 4E6S の長さの比は、

                              [モガミ 2534] : [カナレ 4E6S] = 5 : 1

 

となります。この 5 : 1 という黄金比については、私どもでは、当初、4 : 1 という判断であったのですが、プロケーブル本社のマスタリングスタジオでの、より精密な実験により、5 : 1 という真実にたどり着いたものです。

100V 環境の場合は、以上のように、モガミ + カナレは、比較的簡単に、うまくいきます。が、恐ろしいほどの生音は、やはり、プロケーブル製アイソレーショントランス導入以後に、目指してください。

 

次に、ダウン&アイソレーショントランスやミュージシャンズ電源など、プロケーブル製アイソレーショントランス をお使いで、音がこれ以上濃くなっては困るというほどに濃くなり、ミキサーとパワー・アンプの間の接続が、もはや ベルデン 88770 もしくはベルデン 88760 でないと、音が合わなくなってしまった場合のお客様はどうすればいいのか、記述します。

結論から先に言えば、現時点では、当店から、カナレの延長ケーブルが発売されております。モガミ : カナレ = 5 : 1 の比に一番近いものをお選びになって、接続されてください。

※ 今までは、ミキサーのセンドとリターンを使った方法をご紹介しておりましたが、カナレ延長ケーブルを利用されたほうが、プラグによる音への影響をより少なくできるので、今後は、カナレ延長ケーブルを推奨してまいります。

​以下は、お客様の声となります。

1番さんのコメントモガミとカナレをつなぎ合わせた方が登場しました!

昨日の注意事項の件、ありがとうございました。

丁度ケーブルを切断しようとした時にメールが届いた為、切断前に手が止まりました。

結果を先にいいますと混合ケーブルを作成しました。

 

ipod用カナレを約18cm、RCAラインケーブル用モガミを71cm、シースアースを接続

(ipod用モガミは万一失敗した事も考えて保存)で試聴いたしました。

先日メールで抜けておりましたが電源は200vアイソレーションの1500wを使用しております。

 

課題であったピアノ(イリーナメジューエワ)がものの見事に再生いたしました。

かなり感動的です。

 

注意事項の件の音の焦点合わせですが以前の状態の不満箇所が改善されたからか丁度か少し

もしかしたらきついか程度ではないかと感じます 。

 

邦楽では以前よりかなりの曲でピントが合った状態に感じます。

ボーカルもいやそれ以上にバックの演奏、ハーモニーが数段鮮明になったと感じます。おそらくその分ボーカルもハッキリと良くなっているからなのですが、日本の録音の良さも初めて感じました。

注意事項の自作スピーカーの件ですが、プロケーブルさんのサイトでご指摘の通りです。

 

長文失礼しました。

 

なおこの混合ケーブルですが2000年以前、以後に関わらず会う音源が多い様に感じます。

今後ともよろしくお願い致します。

​店長 注:)この方は、モガミとカナレを、4:1 の比で、直接つなぎ合わせてらっしゃいます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

2 番さんのコメント:カナレ延長ケーブルをお使いになられた方のご感想です!

お世話になっております。


新しく発売になったカナレの延長ケーブルを購入しました。
太田裕美さんの70年代初めの作品をハイレゾ化したものを聴きましたが、
素晴らしいです。
 

元々のマスターは古いものであってもハイレゾ化は最近のものであることから、
今までは、ベルデンやノイマン、バイタル等 色々なものを試してみて、最終的にカナレが最良だと思っておりました。
モガミでは大人しすぎる印象でした。
カナレでは曲によっては耳障りな時があるものの、モガミよりはずっと合うと感じていました。

 

今回、モガミをベースにカナレを20%混ぜると言う提案に若干の違和感(比率が逆のような…)を覚えつつも試してみたところ、 冒頭に書いたような素晴らしい結果が得られました。
 

日本の音楽は海外のものに比べて高音寄りで軽い印象を持っておりましたが、

このケーブルで印象が変わりました。

店長注:)このお客様は、カナレ延長ケーブル 25cm のものをお使いになられました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

2番さん再登場! 

本日 商品が無事届きました。
早速試聴してみたところ、
大変素晴らしい結果が得られました。
倍音がしっかり聴こえるようになったのでしょうか。
音場が広がり、よりはっきりと定位してリアリティーが増しました。

実に気持ちの良い、このまま眠ってしまいたくなるような音です。

モガミ単独、カナレ単独でももちろんそれなりに良いのですが、
それらは、演奏に対して歌だけが何かしっくりこない。あるいは、歌は良いが演奏が耳障り等、今ひとつな印象でした。
音程がずれているわけではないのに魅力がない。。。

モガミのケーブル1mにたった25cmのカナレを混ぜただけ。
25cmのiPod用ケーブルは、その数値以上に短く感じます。
誰が見ても『そんなので変わるわけないだろう』と言うでしょう。

事実は小説よりも奇なり。

僅か25cmで別世界になりました。

ありがとうございました。
良い買い物になりました。


◯◯◯◯

店長 注:)このかたは、カーオーディオ用に、モガミとカナレの混合ケーブルをご利用されています。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 

3番さんのコメント: モガミ + カナレ はセンセーショナルであった!

 

いつも大変お世話になっております。
 「ノイマンのA」こと、神奈川の ○○○○ です。

 今回買わせて頂いた「カナレ1:モガミ4」、
 
ノイマンやギタリスト電源の時と同じか、
ある意味それ以上の衝撃でした!
 何しろ、これまでもForce i + WE 12GA + ギタリスト電源 の環境下、
 カナレorモガミで聴いていた日本録音の音源が
 
「こんなに瑞々しい音だったのか!!」となったのですから。

 低音の輪郭がくっきりしたのと、
 全音域(特に高音)で「各楽器の倍音成分が、きっちり乗った」印象となり、
 
「日本の音楽/演奏/録音って、こんなに良かったのか!」
 と、手持ちのCDを取っ替え引っ替え聴いて
「あれ、この曲って、こんな音も居たんだ」

「打ち込み系の音にも表情ってあるのね」
「ん?このディスクにこんな曲入っていたっけ?」(←印象まで違って聴こえる)

 と言っている間に一週間が過ぎ、
 特にじっくり聴きたくなったCDを楽しんでいる間に
 更に二週間が過ぎてしまいました。
 各楽器の音色に加え、奏者やミキシング・エンジニア等の
 
「作り手の想い」まで伝わって来るようです。

 合っている自信はありませんが、何と言いますか
  高音と低音の焦点合わせ: SPケーブル長
  倍音の焦点合わせ: アナログケーブルの混合比
 という印象を受けました。

 尚、現状の接続は「CDP-->モガミ-->カナレ-->プリメインアンプ」にしています。
 ノイマン延長ケーブルの解説にある「ノイマンのマイクケーブルは使われたり、

   使われなかったり」と
 「8412をスピーカーの近くに」から、ミキサー周りに使われる

   カナレをスピーカー側にした次第です。

 

   しかし、この「モガミ/カナレ単独の、その先」の世界を知ってしまうと、
 確かに「英国/米国音源が好きな人は、楽しいだろうけど大変だ…」とも感じますね。
 それでも、英米音源にそこまでの深い思い入れはないものの、好きなディスクは何枚かあるので、
 既存の8412とVAM-265に「ノイマン延長を繋げようか」という気にもなって居ます。
 
それ位に、今回の「モガミ+カナレ」はセンセーショナルでした。

 改めまして、今回も御社の技術的奥深さに加え、ケーブル混合を上級者向けとした良心に、
 「本当にありがたい、凄いお店だなぁ」と感銘を受けている次第です。
 御礼申し上げると共に、今後益々のご発展を祈念しております。

-------

 

店長からのコメント:モガミ + カナレの威力が発揮されるのは、日本の録音、

プロの仕事が、なんだかんだで優秀だからでしょう。

 

こちらの方もおっしゃるように、当店でも、プロケーブル監修のもと、

様々な商品を提供し、情報を発信しておりますが、二種類のケーブルの混合については、

流石にマニアックでもあり、セッティングにそれなりの技術(というより、基本、

プロケーブルさんの言う通りにすれば良いだけなのですが)も必要とされることから、

『上級者向け』とさせていただいております。

 

ただ、心根の素直な方ほど、より最短の距離で、真実にたどり着けるのではないかと、

常々感じております。

​-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3番さん再登場!:誰もが驚く モガミ + カナレ!



 早速返信頂き、ありがとうございます。
 神奈川の○○です。
 こちらこそ、大変お世話になっております。

 お送りした感想、感じた事を何とか咀嚼していたら長文になってしまったのですが、
 お役に立てますならば、どうぞお使い頂ければと存じます。
 
 尚、昨日は書きそびれてしまったのですが、三週間の間に
 トランペット吹きの友人(学生オケの同期、今でも吹いている)と
 私の姉(ピアノ@幼少から/コーラス@中学/クラリネット@高校の経験者)に
 モガミ+カナレの音を聴いて貰う事が出来たのですが、それぞれ、
 以下のように驚いていました。


 ◇友人
 「ヘッドフォンならまだしも、スピーカーで

  ここまで音が分離するんだねぇ」
 「音量を上げても、うるさく感じないね」
 「これだけ聴こえると、楽しいでしょう?」

 ◇姉
 
「散々聴き込んだ筈のN響盤ドラクエⅢで、

 まだこんなに知らない音が在ったとは…」

 

-----------

店長注: このように、素晴らしいものは、ほとんどの方にとって、素晴らしいとわかるものです。

 

が、ここまですごいことになるのも、やはり、日本の音楽を市場に出すために、

常日頃、技術の研鑽に努め、多大なる努力を払ってらっしゃる、

ミュージシャンやエンジニアの方達の実力があってこそのことだと思います。

 

彼らの成果・結実を、今やお手頃価格で味わうことのできる我々は、

ある意味、恵まれていると言えるでしょう。
 

​--------------------------------------------------------------------------------------------

4 番さん登場!:モガミ + カナレで、鬼に金棒の音になった!

音の悩み・苦悩を解決するショップ   様

こんにちは。
9月にカナレ延長ケーブルの件でお世話になりました、○○と申します。

音の焦点合わせを無事終えて、

出てきた音の凄まじさは、「鬼に金棒」といった感じです。

モガミ2534を恐ろしい鬼にしておくのがとても重要である事が、よくわかります。

使用しているモガミは金プラグですが、3m+75cmの恩恵でしょうか。

片側銀プラグでない事の不具合を、それほど感じません。
がそれは、

金棒を持った鬼の形相がより恐ろしくなるのを見て初めてわかる違い

なのだと、考えております。

モガミ2534片側銀で、又お世話になるかと思いますが、その時はよろしくお願い致します。

それでは、失礼致します。

-------

店長注:すごいコメントが登場しました。このお客様は、電源にプロケーブル製ダウン&アイソレーショントランス をお使いで、モガミ 2534 だけでも、相当なレベルの生音が出るのですが、カナレと適正な比率で混合すると、​まさに、鬼に金棒レベルの音が出てきてしまう。このお客様も、素晴らしい体験をされています。

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

4 番さん再登場!! :subject:あまりにも見事でした

オーディオの悩み解決ショップ    様

いつもお世話になっております。
先日モガミ片側銀を購入しました、○○と申します。

プロケーブル様のサイトのどこかに、

「当店の言葉は一字一句まで信用していただいて構いません」

といった注があったと、記憶しております。

まさに、まさにその通りでした。出音がそれを証明しております。

ケーブル購入時の商品説明書メールにある、フラットについての一字一句。
中間に銀RCAプラグが入る事についての、一字一句。


見事に音楽が鳴りだしました。少々の違いではありませんでした。

あまりにも見事で、愕然としました。
金プラグと銀プラグとで、こんなにも違いが生じるとは。


大変貴重な体験をさせていただきました!
ありがとうございます!

--------

店長注:この方は、モガミ 2534 + カナレ 4E6S の混合ケーブルを、

モガミとカナレの接合部分を 金 + 金、金 + 銀の両方で試していただいております。

​おっしゃる通りで、少々の違いではないのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5 番さんのコメント

いつもお世話になっております。

埼玉の○○です。

先日は早々にご回答をいただき、ありがとうございました。

また、御礼が遅くなり失礼致しました。

回答を受けて、御社よりカナレ+モガミのケーブルを購入いたしました。

で、既存のモガミ&カナレをxone:43から外して入れ替えたのですが・・・

変わりましたね!

機器の増設、変更程ではありませんが、

xone:43のイコライザでの高音補正がいらなくなるほど安定しました。

さらに、今回の入れ替えとは直接関係ないのですが

重い腰をあげてアースの接続を行いました・・・

オーディオと同じ部屋にきているエアコンのコンセント内に

浮いている単独のアース線があるのは知っていたので、接地端子付きコンセントに変更し

そこからアース線を被覆電線で6m程室内を引き回し、

加工したコンセントカバーを通して、W1512Kの接地に引き込みました。

音が落ち着きました。

男性ボーカルはもちろん、女性ボーカルの高音も

嫌味が全く無くなりました。

 

しばらくはこのシステムでいけそうです。

様々なご指導、ありがとうございました。

-----------------

店長注:この方は、モガミ : カナレ = 5 : 1 で、試されています。

音がフラットに近づけば近づくほど、人間の耳には、自然に、かつ、

安定した生音として聞こえてきます。

又、このページの記述の趣旨からは外れますが、アースです。

アースは、基本的に、機材に溜まった電荷を逃がしてやるためのもので、

本来は安全のためのものです。

 

しかし、オーディオの場合は、アースを引くことにより、

機材の余計な帯電を防げるので、機材の持つ本来の性能が、

発揮されるようになります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

6番さんのコメント:心の栄養補給には不安がありません!

いつも大変お世話になっております。
 「ノイマンのA」こと、神奈川の○○○○です。

 今回買わせて頂いた「カナレ1:モガミ5(金+銀)」、
 「1:4(金+金)」「同(金+銀)」と順を追って来る中で、
 
改めて、御社の真骨頂を見せて(聴かせて)頂いた気持ちです。

 何しろ、
「1:4(金+金、しかも接続順が逆)」の状態でも
 
「国内録音音源の音は、こんなに瑞々しかったのか!」となり、
 
それを「同(金+銀、正しい接続順)」にすると、
 
「あ、全体のバランス、音の濃さは明らかに上だわ」となり
 「音が濃くなった分、多少SPケーブルを詰めようか、どうしようか…」
 となっていた訳ですから。
 結局、2mmだけ詰めたのが奏功し、結果としてベルデンやノイマンで聴く際も
 
「あ、ぐっと良くなった」と感じておりました。

 ただ、正直に申しますと、「1:4(金+金、しかも接続順が逆)」の際は、
 音源によっては低音楽器の音色が恐ろしい程に明瞭に聴こえていたのが、
 「同(金+銀、正しい接続順)」にして「ん?低音はぼやけたな。シンバルもかな…」

   となったのに加え、
 「明らかに良くなった音源」と「それ程『音の濃さのバランス』向上が感じられない音源」
 が明確になった気がしていました。

 そんな中、学生オーケストラ時代の同期で、
 今でもヴァイオリンからコントラバスまで弾きこなす友人に音を聴いて貰い、
 「生音と比較して、どう感じるか?」意見を求めた所、
 「高音はいいけど、低音にもう少し輪郭が欲しいね」とのコメントで、
 「やっぱりねぇ…」と思っていたのです。
 それでも彼は
「オーディオには詳しくないし興味も無かったけど、
 家でこれだけの音が聴けるなら、欲しくなるね。」
と言ってくれましたが。

 ですので、「これが民生機の限界かなぁ」と、少しモヤモヤしていたのです。
 「遂に、機材のアラが明々白々になる所までセッティングが煮詰まって来たか」と。

 そんな時、焦点合わせのリファレンスにしているaikoのライブに二日連続で行く事になりまして。
 「あ、これは焦点合わせ要否確認のチャンスだ」と思い、
 合間のタイミングでライブDVDを聴く事にしました。
 その際、DVD再生&ラジオ用のミニコンポには88760を繋いでいたのですが、
 「1:4(金+銀、正しい接続順)」に繋ぎ代えて聴いた所、
 
各楽器の音、それぞれの動き/定位が明瞭に判るようになり、

   まぁ、聴いていて気持ちがいい訳です!
 結果、音の焦点は現状から動かさない事とし、
 合わせて、ミニコンポに「1:4(金+銀、正しい接続順)」を繋ぎっ放しにすると同時に、
 元々繋いでいたCDP用に「1:5(金+銀)」を新規導入する事にしたのです。
 (なお、ラジオの音も「一枚ベールが取れた」ように感じています。)

 するとどうでしょう。
 
「1:5(金+銀)」化により、今までも良い音で聴けている(と思っていた)

   音源は、更に「上(シンバル)から下(テューバやエレキベース)まで」

   各音の輪郭が明瞭になる事で、それぞれの動きが、

  少し意識を向けるだけでありありと聴き取れるようになり、
  同じ事が従来「そこまで良くなってない」と感じていた音源でも

  起きるではないですか!
 後者の具体的な例としては、ポリドール音源の「大都会 Part3」O.S.T.や、
 ソニー音源の中島美嘉やJUJU+日フィル、
 ビクター時代(現販売元はエイベックス)のクレイジーケンバンドなど。

 
お蔭様で、もう何のモヤモヤも無く、心底「音楽を楽しむ」事が出来ますし、
 これだけの音で「至福の時間」を持てるので、
 仕事でどんなに忙しくなろうとも、心の栄養補給には不安がありません。


 改めまして、御社のあくなき探究、厳正なる検証とそれを可能にする確かな耳、
 その集大成たるケーブルを適正な価格で提供下さる事、その全てに、
 感謝せずにはいられません。
 本当に、いつもありがとうございます。

----------

​店長注:)大変なコメントが入ってしまいました。モガミとカナレの混合につきましては、

プロケーブル本社の全面的なバックアップのもと、正しい接続順や 5 : 1 の比に至るまで、

その真実がありありと、白日の下に晒されてしまったわけですが、4 : 1 の比や接続順、

プラグに至るまで、その比較をなされた方が、こちらの、ノイマンの A さんです。

 

もう、ここまでくると、微妙なセッティングの違いが、音になって、正直に現れてしまいます。『オーディオのセッティングの緻密さもここまで来たか!』ということでしょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

6 番さん再登場!:凄まじいことになっています...

早速返信頂きありがとうございます。
 「ノイマンのA」こと、神奈川の○○○○です。

 昨日お送りしました感想、お役に立ちますならば、
 (以下文面も含め)使えるものはどうぞお使い頂ければと存じます。

 そして、昨日書きそびれてしまったのですが、
 
「阿久悠作詞集」に収録された70年代から80年代前半の音源は、
 それは、もう見事の一言ですね。

 
「ピンポンパン体操」に至っては、
 「♪ほよよよよよ〜んっ」という効果音まで、

   まぁ立体的に聴こえる事!
 夫婦揃って、思わず吹き出してしまいました。


 そして、それら70年代音源と同じ位の音の精度/再現度で
 2000年代の寺尾聰(エイベックス)やCHAGE(ユニバーサル)も鳴るのですから、
 
楽しくて、心地良くて仕方ありません。
 Little Green Monster(ソニー)を掛けた際には、妻も
 「(1:4に比べ)声の重なりが判り易くなった気がする」

 と言っていました。

 と、これを書きながら「そうだ!」と思い立ち、
 
「おんな城主 直虎」O.S.T.(ソニー)を掛けてみているのですが、

 N響の各楽器の音が「各々、音色まで色濃く聴かせてくれるのに、

   きっちり綺麗に分離している」
 という、凄まじい事になっています...


 仰る通り「オーディオのセッティングの緻密さも, ここまで来たか!」

 の想いです。

 この音、早く学生オケ時代の先輩二人にも聴いて頂きたいものです。

 

--------

店長注:)ここまで読まれた方には、オーディオのセッティングが、ケーブルやプラグに至るまで、

​一寸の隙も許されないものであると、お分かりになられると思います。

 

日本の音楽で、モガミとカナレの混合で音が合うものについては、モガミ + カナレ を 5 : 1で、プラグは 銀 + 金 で、正しい接続順でおつなぎになられれば、人跡未踏の生音の境地にまでたどり着くことができるのです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

6 番さん、再々登場!:超絶レベル!

早速掲載頂きありがとうございます。
 「ノイマンのA」こと、神奈川の○○○○です。
 お役に立てますならば、何よりです。

 この時間なので、手短に一点だけ。

 ものすごいコメントになるのは至極当然で、
 如何せん、
オーディオ悩みサイト様とPRO CABLE様が

  解明した道のりの一部を追体験して、
 それをありのままに書いたまでですから。
 すなわち、
「モガミ+カナレ」「金+銀」「5:1」という、

   解明されたセッティングそのものが
 改めて申し上げるまでも無く、
超絶レベルなんですよ。

 ただ、今回書かせて頂いた事によって
 
・こんなに微妙なセッティングを厳密に検証し、

     かつ、この値段で製品化して下さっている事
 ・それを成し遂げてしまう
オーディオ悩みサイト様とPRO CABLE様の凄さ
 が解り易くなったなら、少しは恩返し出来たかな、と感じます。

 また、「凄い音になった!」という音源が出た際などは、ご連絡させて頂きます。
 (今、後ろで掛かっている「ささきいさお+水木一郎」も、
  
「個々の音がとても濃いのに、音色が滲んで混ざったりはしない。
   でも、決して音楽としてバラバラな訳ではなく、

       寧ろ一体感が上がっている」という、
  
未だ嘗て無い音で鳴っていますが。)

 今後とも、宜しくお願い致します。

-------

店長注:)3回にわたって、ノイマンの A 様から、すごいコメントを頂いてしまいました。

このようなことになってしまうのも、プロケーブルが彗星の如く登場する前までの、

オーディオ界が、いかにだらしなく、デタラメばかりを吹聴し、皆様を惑わしていたか、

そのダメダメさ加減を暗に物語っているということなのでしょう。

我々からすれば、皆さんにいい音で音楽を聴いて頂きたく、

ただ、当たり前のことをしているだけなのです。

 

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • B-Pinterest